廊下と掃除機

正確無比な掃除

マットの掃除

とことん掃除する能力

掃除機を人間がかけるときと、ロボットがかけるときの違いは、とことん掃除する能力があるかどうか、という点にあります。
もちろん、人間でも徹底的に掃除をして、とことんやりきろうとすることはできます。ですが、人間の時間は有限で、一日にいろんなことをしないといけません。
汚れが気になるからととことん掃除をしようとすれば、その分工数がかかって時間ばかりが経過する、という結果になることは容易に想像できます。
その点、掃除機をロボットが自動で操作して作業をしてくれるとなれば、人間の日常生活から掃除という作業を切り離すことができます。
つまり、掃除のために掃除専門のロボットを導入することで、掃除を徹底的に行なってもらう時間を人間の生活から分離できて、徹底的に掃除を行ってもなんの問題もない、ということになります。
ですから、人間なら面倒になってしまったり、手をかけられなかったりするような細かな清掃作業を、掃除機ロボットは徹底的に行なってくれます。
その点で、掃除機ロボットのほうが人間よりも精度の高い清掃ができる、ということは明らかです。

徹底的に掃除する能力

掃除機のロボットは、細かな地理を認識して清掃するだけの能力に限りません。
一つの部屋を縦横無尽に駆けまわって清掃する中で、ロボットに掃除をしてもらうと平均して同じ場所は4往復分の清掃をしてもらうことができます。
さらに、人間はつい同じルートをなぞるように掃除してしまいがちです。その点も、ロボットなら違った角度から掃除をしてくれるため、更に高いレベルでの清掃が可能です。
加えて、単純に同じ回数通ったから掃除が完了したという認識ではなく、ゴミが多いと認識した場所は綺麗になるまで徹底的に清掃作業を行なってくれます。
それらの点から、人間が掃除をまるっきり依頼することができる能力を持っていることは、掃除機ロボットの実力として明らかです。