廊下と掃除機

向上する機能

色んな掃除道具

自動で動作できる能力

掃除機を利用するにあたって、自動化する時に問題になるのは住環境に対応できるかどうか、というところです。
その中でも最も気になるのは、段差と壁の問題です。自動化して作業を依頼したとしても、段差に阻まれて止まってしまっては作業を遂行することはできませんし、壁にぶつかって作業が止まっても意味がありません。
ですから、掃除機のロボットでは高度なセンサーで障害物を正確に認識することができると同時に、きちんと空間を認識して作業を遂行するために自動で動作できる能力を保有しています。
たとえば、段差を認識した場合は自分で清掃ルートを調整して、段差のギリギリまで攻め込んで戻る、という芸当を見せることができます。また、壁や家具などの障害物には突進しないように、ぎりぎりまで近づいてその端を綺麗に掃除できるような行動を取ります。
これらの問題解決能力によって、多くの住居に存在する障害物を乗り越えることができるのが、掃除機ロボットの特徴です。

細かな違いに対応

掃除機をかける時に、人力でも厄介なのが敷物の端を吸引してしまうことです。特に、フリンジなどのひらひらした要素が取り入れられたデザインのラグは、フリンジを吸引して機器が混乱するという問題があります。
そこで、掃除機のロボットはフリンジなどの細かなひらひらしたものを始めとして、何かに絡まった場合に自力で脱出できる能力を持ちます。
同様に、室内に見受けられる電気コード類に絡まったケースでも、自分で脱出できる点が心強いです。
また、階段などは別として、敷物レベルの段差は自力で乗り越えることができる点も見逃せません。同時に、床材に合わせて適切なパワーでゴミを吸引できるようにもなっています。
ですから、インテリアによって生まれる細かな違いに対応して、自分で考えて自分で動く能力を持っているのが、掃除機のロボットを導入できる意味を見いだせるポイントです。