廊下と掃除機

機械だからこそ

モップ

人間に不可能な清掃

掃除機型ロボットを取り入れて掃除を行うことと、従来利用されてきた人力で作業を行う掃除機によって掃除を行うことと、そこに存在する差として「細かな場所まで掃除できるかどうか」という点があります。
この点はとても重要で、掃除機型ロボットを利用することによって人間に不可能な清掃を行うことができるようになっているという事実が存在しています。
従来の掃除機ではできなかった、細かな隅から隅までの清掃を行うことができるという点から見ても、清潔を望む現代人にとって掃除機をロボット形にすることはとても重要な意味を持ちます。

普通は大掛かりな清掃

掃除機をロボット化することで清掃が日常的に行えるようになる場所の例として、壁際や家具の足元、そして家具の真下などの細かな場所を清掃できるという点に着目できます。
これらの細かな場所は、普通は大掛かりな清掃が必要になる場所としてなるべく日常の掃除で手を出したくない場所です。
ベッドの下を掃除したいとなれば、普通はベッドを動かして人間と掃除機のノズルが入り込めるように準備をする必要があります。
ベッドを動かすということはそれだけでもかなり大変で、大掃除の機械でもなければなかなかやりたくないと思うのも無理はありません。
ですが、掃除機をロボット化することができれば、そういった細かな隙間に入り込んで掃除をしてもらって、自分で脱出してきてもらうことができます。
つまり、わざわざ家具を動かさなくても、細かな隙間まで徹底的に掃除をしてもらって、隠れたゴミまで完全に処理することができる、という特徴を持ちます。
掃除機ロボットの能力はとても高く、現代人にとって間違いなく導入する意味をこういった点から見出すこともできます。