廊下と掃除機

性能の工場

掃除機

高性能なゴミ察知能力

掃除機をロボット化したことによって得られる成果は、人間が自分で掃除を行って得られる成果とは段違いの成果を出すことができます。
その力の根源となっているのが、高性能なゴミ察知能力を有するセンサーの力です。掃除機ロボットに搭載されているセンサーの能力は非常に高く、人間が自分の肉眼でゴミを察知して掃除機をかけるのと同じレベル、もしくはそれ以上のレベルで能力を発揮できます。
掃除機に搭載されているセンサーの能力は、たったひとつのセンサーで形成されているわけではありません。何十個というたくさんのセンサーが設置された環境の情報を集中的に収集できるため、人間の視覚と同等の能力を有しています。
その察知能力が、掃除機ロボットの能力を大きく高めてくれています。

脳が設置されたと同じ

掃除機のロボットは、自分で考えて行動することができるような、脳が設置されたと同じ能力を保有しています。
その能力とは、人間が開発した高性能な人工知能によってもたらされています。もともと人工知能に対する研究は盛んに行われていましたが、現在では1秒間に60回以上、すなわち1分間に360回の計算スピードで情報を処理できる能力があるレベルに達しています。
それほど高速に状況や情報を処理できる人工知能を保有する掃除機ロボットは、もはや脳が設置されたと同じレベルにまで作業を自分で判断して行うことができます。
人間のように会話をするところまではいたらなくとも、掃除を行うということに特化して成長したロボットは、人間の代わりに精度の高い清掃作業を行うことができるレベルに十分達しています。
ですから、掃除機ロボットを設置するだけで自動的にきれいな部屋を獲得することができるという恩恵が、家庭に簡単に導入できるように現代では進歩したと断言できます。